様々な種類のお肉と腸内環境への影響

様々な種類のお肉と腸内環境への影響

私たちが日常生活で摂取する食品の中には、腸内環境に余り良くない物があります。肉類などは、その代表的な存在でしょう。現に以前に、その肉類に関する実験が行われた事があります。肉食中心の生活を送っていた方の場合は、腸内環境はかなり悪くなってしまったという実験結果もあるのです。ですので肉中心の生活は、ちょっとお腹の調子を悪くしてしまう可能性が大ですね。

 

鶏肉はそれほど腸内環境を悪化させない

 

ところで肉と言っても、色々な種類があります。鶏肉もあれば豚肉もありますし、牛肉など様々な種類がありますね。もしも肉類によるお腹への影響が心配なのであれば、ちょっと種類を意識するのも大切だと考えます。
例えば肉の中でも、鶏などはそれほど影響が大きくないのだそうです。確かに鳥肉も腸内環境に対する悪い影響が懸念されるのですが、それでも豚肉や牛肉ほどではないそうです。ですので普段から牛肉などを食べているのであれば、それを鳥肉にチェンジしてみるのも1つの方法ですね。腸内環境に対する悪影響が少なくなりますので、お腹の調子も良くなってくると思われるからです。
ただし油分は、お腹に対する悪影響が懸念されます。できるだけ油を使わずに鶏肉を調理するのが良いでしょう

 

魚による影響はそれほど大きくない

 

それと魚肉もありますね。全てのお肉の中でも、魚は最もお腹に良いのだそうです
中でも生の魚類などは、お腹に対する影響はとても小さいようですね。焼き魚は少々微妙なところですが、それでも豚肉や牛肉などに比べれば、それほど悪い影響を及ぼさないと言われています。
このため普段から牛肉や豚肉などを摂取しているのであれば、それを魚に変更するだけでもだいぶお腹の調子が変わってくると思います。肉にも色々な種類があって、それぞれお腹に対する影響が異なっている訳ですね。